『浄化槽を活用した汚水処理事業―人口減社会に対応した生活排水対策―』
新発売

現在の汚水処理事業の課題を挙げつつ,公的関与・民間セクター活用の両面から浄化槽普及の可能性に触れるとともに,財政指標やコスト比較からみた浄化槽事業の優位性,将来の汚水処理事業のあり方などについて,専門家による解説をまとめています。自治体関係者に,汚水処理事業見直しの参考書として最適です。
e

新年 あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願い申し上げます。“ウイルス感染症は3年間” とも言われておりますので,もう間もなく収束し,日常が戻って来ることを祈っております。皆様方にも,良い1年でありますように。

またもや「まん延防止等重点措置」が首都圏に発出されました

 このほど,新型コロナウイルス感染症についての「まん延防止等重点措置」が首都圏等に発出されております。弊社におきましては,引き続き職員の出勤時間の短縮・リモートワーク等を実施しております。不在等でお電話がつながらない場合には,お手間をかけ誠に恐縮ではございますが,留守電へのメッセージ録音や電子メール・FAXでの用件送信などをお願い申し上げる次第です。

1月号は沿岸海域の環境保全・修復の特集です

 1月号は,「地球環境時代における海域環境保全の新展開」と題した特集です。沿岸域の水質保全に関しては,特に西日本地域を中心に,下水処理の基準を緩和し,窒素・リンといった栄養塩を放流するという取組みが実施されています。しかしながら,本特集の各執筆者も言及しているように,必ずしも確固たる科学的エビデンスがあってのことではありません。海域環境の保全・修復にはどのような手法がベターであるのか,行政解説や実地でチャレンジされている方たちの報告とともに,考えていきたいところです。

弊社ホームページの不調による御不便をお詫びします

 書籍・雑誌や在庫切れの雑誌バックナンバーのコピーの御注文は,下記アドレスまで,「希望書籍(雑誌)名」「お名前・御住所・御所属」など必要事項を記載したメールにてお知らせいただけますと幸いでございます。
 スマホでお問合わせの場合には,返信メールは弊社PCから送信しますので,PCメールの受信拒否の設定を外していただきますよう,お願い致します。

  
net_hanbai「at」youhaisui.com
 *「at」は @ (半角アットマーク)に読み替えてください。

 御不便をおかけしますこと,お詫び申し上げます。









第64巻 1月号
【Vol.64 No.1】
特別定価 1,600円(税込)


区 分 論文名 所 属 執筆者
今月の話題 令和4年の年頭にあたって 環境省 水・大気環境局水環境課長 川又孝太郎
解説 国の史跡・玉川上水緑道とふれあい下水道館―大都市・江戸
の用水供給や灌漑を担った水インフラ遺構と現代の下水管路
を実感できる下水道の広報施設―
環境工学研究所所長
環境計量士 環境カウンセラー(事業者)
星山 貫一
追悼 桜井敏郎氏の御逝去を悼む 『用水と廃水』文献委員/(株)アストラル取締役
(元神奈川県環境科学センター専門研究員/
 元麻布大学共同研究員)
田所 正晴
       特集/地球環境時代における海域環境保全の新展開
特集にあたって 内湾・内海の水環境保全に向けて 東北大学大学院工学研究科土木工学専攻 工博 西村  修
特集論文 海域環境の保全の新たな課題と展望 環境省 水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室長
博士(環境学)
行木 美弥
特集論文 下水道における栄養塩類の能動的運転管理の取組みについて 国土交通省 水管理・国土保全局下水道部流域管理官 藤井 政人
特集論文 脱炭素社会実現に向けたブルーカーボン生態系活用の取組み 国土交通省 港湾局海洋・環境課港湾環境政策室長 川﨑 俊正
特集論文 沿岸海域における環境保全と養殖漁業の調和に向けた物質
動態研究
東北大学大学院工学研究科土木工学専攻
博士(工学)
坂巻 隆史
特集論文 人と海の望ましい関係を目指した海辺つくり 特定非営利活動法人 海辺つくり研究会 理事長
/東京海洋大学客員教授/徳島大学客員教授
博士(工学)
古川 恵太ほか
特集論文 閉鎖性海域における水環境改善技術について
―環境技術実証(ETV)事業の紹介―
日本ミクニヤ(株) 深谷 惇志
【連 載】
用廃水豆知識
第496回
下水道における維持管理を起点としたマネジメントサイクル
の標準化
特定非営利活動法人 バイオエコ技術研究所 理事長 稲森 悠平




用水と廃水ホームページ 
http://www.youhaisui.com/
Copyright © 2004 株式会社産業用水調査会
The Industrial Water Institute